試作から製品化へ。

「くちあけ君」の表面にはたくさんの突起があります。この突起が本製品の特徴であり工夫したところなのですが、ここが製品化にあたり一番のネックに。
「くちあけ君」はシリコンゴムで出来ていますから、試作の段階ではモデルを基に簡易型というものつくり それにシリコンを入れて試作品を作ります。様々な形状の試作品を作り“袋の口開け”に最も適した形状を選んだわけですが・・・。
製品化の為の金型をつくり商品が完成!と思った矢先、「違う!」。明らかに試作の段階と突起の感触が違っている。ここからが大変で、材料の調合や金型の手直しと試行錯誤の上やっと思い通りの製品に仕上がり、ホッとひと安心。

改めてひとつの企画を商品化するのがとても大変であり、多くの方々の手助けが無ければ成し遂げるのが出来なかったと思い感謝しております。
d0133901_13185100.jpg

[PR]
by hsm_mpro | 2007-12-29 15:43 | くちあけ君
<< 謹賀新年 「足助 ひつじ堂」さんへ行きます。 >>